2018年05月13日

大垣市立青墓小学校 違法PTAと無力な校長

(この記事の固定リンクはこちら:http://blog.pta-school-thinking.org/article/459345319.html)


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

PTAをぶっ壊せ!

熊本PTA裁判元原告の岡本です。

 最近日本の霞が関あたりは嘘つきだらけがたくさんいるとマスコミ報道されていますね。

 モリカケセクハラは処分は軽く退職金もほとんどもらえるなんて庶民には

考えられな事件が起きています。

 こんな国に誰がした。

 政治の記事は朝日新聞に任せてドンドン書いてもらいましょう。


 今回の【PTAと学校問題を考える会】のブログは私が管理人を行っているフェイスブックの【PTAと学校問題を考えるFBの会】に突然入会希望された3人の子どもさんを育てられているお母さんが【FBの会】に投稿されたPTA非加入者差別の実話です。


写真とリンク以外の文章はお母さんが書かれたものをそのままコピペしたものです。

そのお母さんは【FBの会】に入会されるために初めてフェイスブックをはじめらたそうです。

前回に引き続きPTA非加入者差別と強制加入の問題です。

 みなさまぜひ、シェア拡散をよろしくお願いします。

 では、大垣市立青墓小学校の生徒のお母さんのブログをよろしくお願いします。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

みなさまよろしくお願いします。
青墓小学校の生徒の母です。

今から3年前の平成27年に岐阜県大垣市立青墓小学校のPTA実行委員会副委員長の時、PTAの理不尽なことを知ってしまったところから私は対応するのに時には涙したりして口では言い表せないような苦労をさせられました。

知らぬ間にPTAに自動入会させられたのです。

私の地区はメンバーが7人しかいないので、4人がPTA役員、3人が育成会(子供会)の役員で、一人一役を全員がやることになりました。

引っ越してきて2年目にPTAの校外委員を無理やりやらさせ、3年目に地区代表として実行委員会の副委員長が回ってきたことには心身が痛みました。

地区の育成会長からは、校外委員も、知らない土地では大変な役だったのですが、地区代表は「夜に集まる委員会が一回増えるくらい」とだけ、聞いていましたが・・・・・。




はぐくみ.jpg













【大垣市教育委員会だより】







大垣市教育委員会a.jpg









【大垣市教育委員会】


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


にほんブログ村

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ここからは話を学年度と当時のPTA会長ごとに順番で書いていきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成27年当時のPTA会長はS さん

        校長は工藤仁士先生

☆2月 PTA実行委員会で、4月に行われるPTA役員と先生のための「PTA 歓送迎会参加申込用紙」が配られ、その場で回収されてなんと参加費が自費6000円なのでびっくりし、会長に「全員強制参加ですか?」と、質問したら「来年から自由参加にしようか」と言われ、しぶしぶと参加申込用紙を提出しました。

これって弱い者イジメだと思いました。

バイキング料理はゆっくりした時間もなく冷めているものが多く、たいして美味しいものはなくファミレスの方がまだましだと思いました。

大金6000円もあれば家族で美味しい料理が作れたと子どもたちや夫に気の毒な思いでした。

私にとってはなにも楽しくない「歓送迎会」のなどの費用は一般会計と特別会計と相撲会計と合わせると300万以上もあるPTA会費から支払うべきなのに。

家を建てたばかりで住宅ローンなどの支払いを考えると参加を断ればよかったと悔しく後悔しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4月 

☆歓送迎会当日

「子供が肺炎になりかけている為に前日も学校を休んで点滴を受けています。体調が悪そうなので、今日も病院に連れて行きたいから歓送迎会欠席できませんか?」と児童厚生委員長に相談しました。


児童厚生委員長から「3年くらい前に欠席した人がいて、どこの地区の〇〇が出席しなかったと何年も語り継がれているから無理してでも出席した方がいい」との脅されたように言われたことが怖くていやいやながら歓送迎会に参加しました。


無理を我慢して歓送迎会に参加する当日、実際に始まってみると副委員長の学校に出て行く回数と行事の多さや夜に出席する会議が私の心身に大きな負担となったのです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5月 

☆委員会に4才の子供を抱っこして3年生の小学生の子どもを連れて出席しました。

委員会が終わった21時半過ぎには私はへとへとで自宅までフラフラしてやっとの思いで帰り着きました。

子どもを寝かしつけるのが22時過ぎになったので「これからは預け先がない場合は連れて来ても21時前には帰りたいです。」と、児童厚生委員長に嘆願しました。             


児童厚生委員長は「子供が小さいのはあなただけじゃない。みんなどうにか都合つけている。」との発言には委員長だって子供の親なのに、ずいぶんひどいとことを言うなと思いました。


私は工藤校長とPTA会長に「PTA役員の選出を地区から選ぶのではなく、学級選出にして下さい。会議が夜遅くまであるのは、子供が小さい人は困ります。」と改善要求をしました。

次の年から役員の地区選出から学級選出に変更されて、会議も20時前には終わるように改善されました。すこしはましになりました。


3人の子供がそれぞれ幼保園、小学校、中学校の学校行事、育成会行事、自治会行事、役員の仕事といくつも重なり、私はパニックになって不眠が数週間続き、食事も喉を通らなくなりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

7月 

☆児童厚生委員長からメールが届く

私はこの役員の為に1か月も仕事を休んでいる。こんな大変な事、誰もやりたいわけないわ。ボイコットしようかと思いました。


委員長が怖くてつい「私がやれることは遠慮なく言ってもらえれば協力します」と言ってしまったことに自分が断ることの勇気のなさに情けなく涙が出てきました。


昼間何回か学校に出向き、書類のコピーや仕分けを手伝いました。

今の副委員長でもこんな状態で、とても児童厚生委員長なんてやれないなと思いました。


委員長決めは11月までに行われますが、「子供が小さいし、今でも都合つけて行事に参加するだけでも大変ですから引き受けられません。」と児童厚生委員長に申し出ました。


「子供が大きくてもみんな大変、そんな理由では認められない。決まらなければくじ引きで決めてもらいます」と決めつけて言われました。


私は「私の地区では人数が少なくて、自分が委員長になると人が足らなくて兼任になります。前年度から続けて役員をやっていて、兼任してまでやれません。」と精一杯反対意見を伝えました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8月 

☆児童厚生委員長が自宅に来る。

委員長「〇〇さんの言うことは断る理由にならないのでくじは引いてもらいます。色々と言いたい事を意見するなら、委員長か本部役員になってから言って」と言われました。

☆8月末で育成会子ども会を退会

地区懇談会で、集まった地区の保護者に、「今までお世話になりました。」と、退会させてもらいました。くじを引いて委員長になれば、今よりもっと忙しくなり育成会の行事までは参加するのが難しいし、長男の部活の試合と重なることも多かったのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

9月 

☆小竹康一教頭先生にボイコット宣言をする! 

「くじをどうしても引けとおっしゃるのでしたらこれから一切PTA活動に協力をしません。」と言って、子供の連絡帳に書いて担任に渡してもらうことにしました。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10月 

☆PTA会長が自宅に来る。 


「11月の実行委員会が最終期限です。くじを引いてもらうので絶対に来て下さい。もし欠席されるのなら委任状を出してもらいます。くじが当たったら委員長をやってもらいます。」と言われ強制的な圧力を受けました。

日本は自由な国ではなくなってきている。

こんな人たちが主導者になると独裁主義になるのではと不安が心を埋め尽くし、よく眠れない夜がありました。


藁をもすがる思いでネットで検索しました。

PTAが任意のボランティア団体で入退会自由と知り、

「来年からはPTAをやめます。」と、非加入届けを提出しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

11月

☆PTA会長が自宅へ再度説得に来る


「来年は退会するので委員長はやれません」と私は言いました。


「ご主人は非加入届けを出された事は知ってるんですか?」とPTA会長が尋ねてきました。

「勿論知っています。」と私は答えました


「ご主人と話がしたいので連絡先を教えて下さい。」とまたPTA会長が尋ねてきました。

「主人は必要ないと言っていますので、教えられません」と私は答えました。 


しかし、知らぬ間に主人の会社の固定電話にPTA会長から電話があったのです。

(校長が許可なく個人情報を提供したことに私は強い怒りを持ちました!この電話番号をおしえたことについて後になって工藤仁士校長は個人情報を提供したこと認め私に謝罪しました)


今度学校に来て下さいと電話でPTA会長から言われました。


☆仕事が忙しいのに主人は仕方なく学校でPTA会長、本部役員、工藤仁士校長と話合いをすることになりました。

退会すると子供に不利益があると言う話をされ、デメリットの内容のリストをもらう。

校長は、黙って同席「委員長をやってもらうのは〇〇さんに会長と副会長からお願いするので退会するのは思い止まって下さい。」と言われました。


Bおてもやんのメモ220180426175300.jpg









以下は写真の補足説明です。

  @PTAで購入されるものが使えない。


  APTA の配布物、卒業記念品は配れない。


  BPTAが手伝う行事に参加できない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆PTA会長から再度の電話。

「実行委員会に来て〇〇さんに頭を下げてお願いして下さい。」

私は「もし〇〇さんが絶対に嫌だと言ったらくじを引くんですか?それなら話が違います。」
「ふざけるな‼いい加減にしろ‼あんたが委員長<
<やらないならちゃんと頭を下げてお願いするのが筋だろうが‼
<人としておかしいんじゃない低能じゃんか!!!
<あんたのわがままでみんな迷惑してんだよ!!!
こんな非人道的で人情のない人初めてだ‼


「子どもを産んだからにはPTAも義務なんだよ‼ 校外委員にお世話になっているからあなたの子供だけ登校班に入れなくてもいいんですか‼」と PTA会長Sが言った。

私は「去年校外委員をやりました。それで登校班に入れない理由ではおかしいですね。」と言った

校長が安全の為と、学校行事で交通安全教室や分団会があるから登校班で今まで通り通学して下さいとおっしゃったんです。

登校班から外されたらみんなと一緒に集団登下校させてもらえなくなります。

PTA会長「工藤仁士校長校長が言っても納得できない‼

自分が納得してないのに他の保護者にどう説明するんですか‼なにもしない非会員の子供がみんなと同じサービスを受けるなんて保護者が納得すると思いますか?自分で入会しない理由を地区の人に話して登校班に入れて下さいとお願いして下さいよ‼」

私は「PTA を退会してもプール当番、旗当番、清掃作業はやらせていただきますと校長と話をしました。できることはお手伝いします」と答えました。

会長は「退会したら手伝う権利も義務もないです‼」と拒絶したのです。

非会員の子どもを登校班に入れると他の保護者が納得しないなんて統計でも取ったのか!

自分の権威の失墜が不安で自分だけが納得できないんでしょうが!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1月
☆17日 PTA会長からまた電話がある。
「地区の人が怒っているから話し合いをしていただきたいので、今月中に都合いい日を教えて下さい」                


私は差別すると言うPTA会長と怒っている地区の人とただ黙って同席しているだけの校長との話し合いに行く事は袋だたきにあうと思い、怖くていけないのでお断りしました。

☆次の日18日 PTA会長から再び電話。



PTA会長の発言をメモで記録する。
Bおてもやん_20180426175204.jpg



退会すると子供が差別されると恐怖を感じ、一旦非加入届けを取り下げました。

地区の人にも「今まで通り登校班でお願いします。」と連絡をする。

25日 

☆学校で工藤校長とPTA会長と私の3人で話し合いをする。

会長が発言された1月18日のメモを持って行き、校長の前で読み上げ、本人が「はい、言いました」と認める。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3月
☆4日法務局に行った帰りにそのまま教育委員会事務局社会教育スポーツ課に行った
担当の参事の渡辺さんに法務局に持って行った資料とPTA会長の発言のメモを提出し、
私は「今日法務局に行ってきました。PTA 会長の発言されたことが人権侵害の疑いの可能性がありますとの指摘がありました。

工藤仁士校長は知っていても助けていただけないので何とかしてもらえませんか」
参事の渡辺さんは「大垣市で一人もPTAやめていませんよ。」と言いました。


私「そんなはずはありません。TVや新聞、ネットで任意団体と知る人がいるはずです。一人もいないなんて信じられません。」

参事の渡辺「妊娠中の人でも役員を断れなくてやっているんだから、PTAは皆さんで協力してもらっています。」


私「できない人や事情があって無理な人でも断れないのがおかしいじゃないですか。任意団体なんでしょう?」


参事の渡辺「お子さんの為にやっている団体なので、保護者全員が会員になるのが普通なんですよ。次の仕事が立て込んでいますので」と逃げるように席を立とうとされる。

私「ちょっと待って下さいよ。PTA会長が非会員の子供を差別すると言ってるのに、問題と思われないんですか?法務局に持って行った資料や会長が発言されたメモも、コピーされることも、記録に残されることもされないんですか?」

参事の渡辺「記録の必要はありません」

その時に記禄を残さないのは情報開示される時のことを考えていたのかもしれないと私は今は思っています。

私は市役所に「PTAについて相談するのはどこですか?」と問い合わせした時に、教育委員会の社会教育スポーツ課を案内されたのです。

それなのにこんな対応で絶望しました。

その後、参事の渡辺さんは小学校の校長になられたそうです。

保護者や子どもの気持ちが分からない参事の渡辺さんが校長になるこんな人事でまた学校は違法なPTAを利用するに違いないことを悲しく思いました。

18日

☆次期PTA会長Wさんに手紙を書く。


一回は非加入届けを取り下げましたが、差別をされると脅されて会員にとどまるのは納得ができず、次期28年度PTA会長Wさんに手紙を書くことにしました。

3月18日付の手紙の内容は別途参照してください。

平成28年3月末PTA退会。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成28年4月    PTA会長W さん

         校長は工藤仁士先生


☆4年生になり、登校班の副班長になる。


3月18日の手紙に対し、PTA会長Wさんからのはっきりした回答をいただけず、自分が退会しているのか、地区の保護者が知っているのか不安になる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5月


☆12日 工藤仁士校長に手紙を書いて提出[写真を添付]
B平成28年5月12日手書き.jpg















☆14日 工藤仁士校長からの手紙 [写真を添付]
Bブラック28年5月14日.jpg













【今思うと校長が地区の人にお願いしたと手紙に書いたのは
口先だけのことだったのかも知れないような気がしています】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

10月

☆退会したいというT さんから連絡がある。

T さんから電話「PTAの役員決めで毎年揉めているのがつらい。どうやって辞めれるんですか?」と尋ねられる。

☆非加入届けを出されたTさんが学校に呼びだされる。

工藤仁士校長が同席し、PTA会長Wさんに「来年からはPTA のプリント配れません。卒業記念品は渡せません。お子さんに不利益があることは覚悟して下さい。」などと退会すると差別するという話をされる。

☆私は工藤仁士校長に抗議する

「PTA を退会したら子供が差別をされるんですか?私との間では記念品は実費でお支払しますという話になっていましたよ。」


「PTA 新聞などはお渡しできないということであり、卒業記念品はPTA会費から購入されるので、会費をいただいていないので、お渡しできないという意味です。」と工藤仁士校長から回答がある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

11月

☆非加入届けを出されたTさん、地区の保護者に脅される。

19日にある地区の役員決めにはPTAを退会するので行かないという連絡を育成会長さんにされる。

育成会長「子供がどうなってもいいの?みんなの前で説明をして下さい‼

役員決めにPTA会長呼ぶでね‼」などと大垣弁で言われた。

☆19日 Tさんの地区役員決めが行われ、PTA会長Wさんが個人情報を公言された

(平成27年度元会長S さん、平成30年度現会長I さんも同席)


PTA会長W「〇地区の人と、〇〇地区のT さんがPTA を退会されました。これから退会する人が増えてくると思うので、PTA に入っている人と入っていない人は区別します。」

T さんの地区で私の事まで吊るし上げられたのです。

☆その日のうちに私の地区の育成会長から電話がある。
「T さんの地区から連絡があったけどPTA非加入なら登校班に入れません❗」

私「工藤校長から一緒に登校班で行って下さいとお願いされた」と聞いています。


育成会長K「そんなの知らない‼とにかく地区の人に説明して下さい。一人でも納得できない人がいたら、登校班にいれませんよ‼」
工藤校長が手紙に書いて下さったことは、なんだったのか、どうなっているの?
と思いました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

12月

☆3日 地区の保護者に今まで通り登校班に入れて下さい。と、一人ずつお願いして回る。

☆5日 育成会長が「一人一人ではなく、全員が集まる地区の公園掃除の時に来て、もう一度お願いをして下さい」と言われる

☆10日 私は行くのが怖くて代わりに主人に公園に行ってもらいました。

地区の保護者全員が集まる公園に行き「今まで通り登校班で一緒に行かせて下さい。お願いします」と言う。

地区の保護者から「そんな都合のいいことよく言えるわ自分で送り迎えしやあ」など大垣弁でボロクソに言われて帰ってきました。

☆14日 校長が地区の保護者と学校で話し合いをされる。

☆15日 校長から「折り合いがつかなかったので、来年からここの地区だけ分団を解散し、各自送迎となりました。」と報告がある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

登校班はPTAが行っている役割です。

※分団会は学校行事です。

しかし学校は分団会の役割をPTAに代行させているのか学校が主催者なのかハッキリ説明がなく、私には分団会の主催者がどちらかいまだに分かりません。

主催者が曖昧な分団会の集まりは、生徒が地区ごとに各教室に集まり地区担当の先生の指導を受けます。

PTA校外委員が4月からの登校班メンバー表を学校に提出をして班長と副班長の引き継ぎをして1年間の反省会を行います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3月

☆13日 分団会当日の夕方、育成会長さんが、次の育成会長さんと一緒に自宅へ来る。

校長が分団を解散すると言ったのに、地区の人がうちの子供を外した班を編成し、メンバー表を学校に提出し分団会をいつも通り学校でやっていた。

育成会長「4月からは、育成会に入っていないと登校班に入れないという規約を作ったので、育成会に入っていないと班で行けないけどどうする?」


私は「家庭の事情で育成会をやめているし、他の地区でも育成会に入っていない人がいるけど登校班で行ってるんでしょう?」と聞く。

育成会長「ここの地区だけの規約だから、登校班で行きたいなら育成会に入って下さい。」

私は「全部で11地区ある育成会の中で、ここの地区だけですか?」と尋ねる。 


育成会長「そう、でもT さんの地区は他にも育成会に入っていない人がいるからこういう規約は作っていないけど」

☆分団会の次の日に子どもが登校班の集合場所に行くと、班が4月からのメンバーに変わっていて子どもが入れてもらっていないことに4年生の息子はたいへんなショックを受けたことを帰ってから話しました。


☆登校班を外されたので次の日から子どもを学校まで自家用車で送迎するようになりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成29年 4月 PTA 会長Y さん


校長 桑原 浩美先生

教頭 橘  洋子先生

☆校長と教頭と2人とも変わった。

PTAを退会するまでのことを知る先生が全て異動または退職された。

☆分団会を欠席する。

※4月の分団会は新しい班のメンバーと班長と副班長の確認を行ってから、帰りにPTA校外委員が地区の子供と一緒に安全を見守りながら下校します。


☆桑原浩美校長先生に今までのことを説明し、登校班に入れないので授業に出れなかったと話す。

桑原校長は「知らなかった❗工藤校長からはPTAに二人入っていない人がいると聞いただけです」と話す。

☆教育委員会 学校教育課に電話する。

担当の小木曽さんに「校長が今までのことを何も聞いていないと言っています。引き継ぎをちゃんとされてないからそのまま分団会をされて、うちの子どもが授業に出れなかったじゃないですか」と問う。


担当の小木曽「引き継ぎをされていないのはびっくりしました。余り時間が取れないのでご了承下さい」といつもちゃんと答えてくれない。

私「4月から校長も教頭も変わって、何も知らないのは、困るじゃないですか。教育委員会がフォローされなきゃいけないでしょう?全部把握されているんですから。」


私の問いかけにいつも上司と相談しますって言ってましたから何度も上司と話をさせてほしいとお願いしましたが、絶対に小木曽さんしか対応しなかったのです。
「モリカケ問題」と同じで管理職の責任者は知っても知らんふり、ややこしい問題は何も解決できない下っ端役人に任せて前例をこわしたくないようです。
悪い前例を改革しないことを続ける役人は市民を苦しめるのです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6月

☆15日 地区懇談会で校長、PTA会長Yさんが私の地区に行かれた。

登校班のことをうちの子供も一緒に行かせてほしいとお願いされる。

「登校班に入りたいなら育成会に入って、役員をやってもらうのが条件です。」

と地区の人に言われたと校長から報告がありました。


桑原校長大垣弁で「育成会に戻ればいいやん、子供の為に我慢も必要」と。

私「育成会は家庭の事情でやめているんです。育成会に入るのが登校班に入る条件ではおかしいですよ。」

桑原校長「あきらめて6年間自分で、送り迎えしやあ、私がいるときだったらなんとかできたけど、前の校長の時にあったことは、どうしようもない」

PTA会長Yさんがこんなにこじれているなら、個人登校にして下さいと、校長にお願いをして下さったのですが、「それはできません。集団登校は続けます」と桑原浩美校長が言いました。


Bブラックおてもやん学校長の連絡24ブラック.jpg

【桑原浩美学校長の書面平成29年9月4日付け】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3月

☆分団会が[通学班引き継ぎ会]という名称に変更し、運動場で行われた。

※分団会とは登校班についての授業で、地区毎に教室に別れて、担当の先生と、4月からの班の確認や、班長、副班長の引き継ぎをし、反省会をします。

分団会は通学班引き継ぎ会と名称変更したり、年間行事予定表に載せないようにしたり集団登校は学校のルールではないと言い訳するつもりでしょう。

実際は今まで通りに全校でPTA 校外委員に班編成を依頼して、メンバー表を学校に提出させていますし校外委員が引率し下校する行事も続けています。

だから、私の地区だけが育成会に登校班を外されるのはおかしいんですよ。

PTAとは別の団体です。


平成29年 10月16日
桑原校長の
分団会の名称変更の手書きの書面

B登校班41.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3月


☆16日 平成30年度PTA会長I さんに手紙を書いて桑原浩美校長に渡していただいた。

現在子どもが登校班に入れないのは、平成28年度PTA会長W さんがきっかけを作られました。
これから退会される人のお子さんが二度と同じことにならないように、
再発防止対策をお考えいただき4月末までにご回答をお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成30年

4月

PTA会長さんI さん

校長 桑原 浩美先生

教頭 橘  洋子先生


☆17日 PTA会長さんI さんから手紙で回答をいただきました。
30年4月17日PTAからの手紙
Bブラックおてもやん4月17日pta会長の手紙.jpg




私が手紙を渡していただいてから、1か月も経って、このような内容にはショックを受けました。PTAには関係ない、前の会長の時にあったことや差別をしている事実はないとのお考えのようです。PTA会長は一年ごとにかわり、校長も変わり教育委員会事務職員も変わり自分には関係ないという態度です。
なんとかしようとして下さったのは29年度PTA会長Yさんだけでした。

最初の相談から2年半が経ち、登校班には戻れないまま集団登校を続けている学校。PTAの強制加入と雑役で悩んでいる全国の保護者が苦しみ、子供が差別をされるのは、教育委員会から、学校、PTAその他の教育関係者が退会する保護者を差別して誰も責任をとらない
仕組があるからな
のです。

皆さん勇気を出して大きく声をあげましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私を悩ませたそれは子どもの小学校のPTAの無理やりな強制加入の問題のことです。
約3年前からPTAと深く関わって、悩み、苦しみ、どこに相談してもたらい回しにされて、出口の見えない日々を送り子供がいじめられたらどうしようと気を張りつめる日々が続いて
心身が休まる時間がありませんでした。
そのような状況で、PTAの事で保護者同士がいがみ合い揉め事になっていることが
苦痛で苦痛でたまりません。
こうして私は子供の行事の為に学校へ行くのが怖くなり、次第に参加することが
できなくなっていったのです。

毎朝5時半に起きて夫と3人の男の子の朝食を作ることと夫と長男の学校に行かせる弁当を
作り、朝から送りだした後はとても疲れてしまいしばらく体を休めます。

もともと体力が人よりもないと子どもの時からお医者さんに気をつけるように言われていました。


なんとかPTAから逃れられないかとインターネットで何日も解決方法を探していたら偶然、熊本PTA裁判の「ブログ」がヒットして「PTAが入退会自由な任意団体だと知ったのです」
その時は驚きとうれしさで心が落ち着きました。
そのブログでフェイスブックのことを知りまして「PTAと学校問題を考えるFBの会」入会申し込んだら運よく入会を承認されました。
入会以前は私はフェイスブックはカウントを持たずにフェイスブックをそれらしくするのに
一生懸命でした。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
                
2018年5月13日
投稿者:大垣市立青墓小学生のお母さん

手伝い(リンク、写真挿入:オカモト)

              通学路の交通安全の確保の徹底について(通知)の掲載は
                 5月25日文科省学校健康教育課に承諾を受けました。      



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


にほんブログ村

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【PTAと学校問題を考える会】の会員(雑務係)岡本です。

大垣市立青墓小学校の桑原浩美校長先生とPTA会長さんI 様へ。


これから私がお二人によく読んでもらいたいことをお伝えします。

どうしてPTA非加入の生徒と保護者を差別するのですか!

なぜ、個人の自由を侵害して人権を認めないような対応をするのですか!
桑原校長先生もPTA会長I 様も学校を卒業されたのなら
日本の憲法の第3章の第13条には自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
また、第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。
憲法のこれぐらいのことは当然勉強されていますよね。
日本国憲法は国の最高法規です。
公務員は「全体の奉仕者」です。
憲法に掲げてあることを守り生徒や保護者の手本となるのが先生の中でも模範を示すべき存在であるのが校長先生の役割ではないですか。
PTA会長は保護者のお手本であるべきで保護者の自由を認め、人権を大切にして大垣市立青墓小学校いじめ防止基本方針を守ることに努力してください。

PTA発足時の1954年に文部省(当時)が策定した父母と先生の会」第2次参考規約には
「会員になることも、とどまることも自覚に基づく個人個人の自由であっていささかも強制があってはならない」と「自由入会」の精神がうたわれています。
PTA「父母と先生の会」での話会いに何故PTA会費を徴収するのでしょうか?
話合いは校舎か体育館を借りて各自が飲み物をもって来ればいいのです。

PTA会費は不要です。
職業として働いている教職員に卒業式に高価な花束贈呈などの旧来の悪い慣例は無用です。
だいたい3年ほどで職員異動が多い学校ですのでいまどき明治から昭和の戦後で終わった
「仰げば尊しの恩」などと思っている保護者や生徒はほとんどいないのが
実情ではないでしょうか?

先生は学校の仕事で国民の平均所得よりも高額な収入を得ているのだから生徒に感謝の気持ちを込めてPTAとは関係なくコサージュをプレゼントすればいいと思います。
生徒のコサージュの単価は1個あたり70円位から250円位です。
6000円も保護者に支払わせて歓送迎会など行わずそれらのお金で
生徒全員のコサージュは買えるはずです。
多くの学校の卒業式では知りもしない議員からの祝辞を読み上げたり毎年同じ校長の決まり文句の長すぎる話など、生徒も保護者も退屈な時間を心身とも我慢して聞いています。
それはまったくありがたくなくそして楽しくはないのです。
そのことに気がつかない学校管理関係者の頭はイカレテいるとしか思えません。
卒業式は学校管理者の天下りや定年後の再就職のためと議員の名前を
知らせるためのものとなっているようです。


卒業する生徒をお祝いするための卒業式とはなっていません。
こんな卒業式など不要です。

卒業式の校長のご挨拶や無意味な祝辞などやめてしまい、生徒が主催して自由に楽しい、ミュージカルや新しいロックバンドのコンサートや落語などを行えば生徒のために貴重な経験となり、
楽しいはなむけとなるでしょう。

卒業証書については住宅が狭い日本の一般的な家族に家族数の様々な証書を飾るそんな
広い家に住んでいる家庭がどれだけあるでしょうか。

卒業式などやめてしまえばコサージュ問題も起こません。

高額な卒業アルバムもめったに見るものではないので(不要か必要かは保護者選択に任せるとして卒業式の代わりに校長のおめでとうとの言葉の動画)も込みで一式SDカードに
入れてもらった方が安上がりなのです。

写真は写真屋に頼まず生徒に撮らせて選びましょう。

SDカードの中に入っている校長の挨拶が退屈な場合は削除できます。

削除の数を統計にとってその削除の数が多い場合は退職金を減額することを検討する制度を
導入してもらいたいと思います。

修学旅行の時に生徒のカメラを持参を禁止して、同行する写真屋のとても高い値段の
写真を学校で売るのは何か変だなと、お金の臭いがしますがね。

団体旅行がほとんどなくなり家族や友達と行く旅行が現在では主流となっています。

制約が多すぎる修学団体旅行をうっとうしく思う子どもも多くいます。
本当に行きたい場所に行っているのか、また行きたくない生徒もいるので
修学旅行は廃止してください。


戦争を連想させる学生服も廃止してください。

自由と人権を無視した校則も無用です。

国の法律だけで十分です。


保護者や生徒の様々な負担は大きすぎるのです。

自由と人権を守ってください!



【PTA実は入退会自由】

B朝日PTAIMG.jpg




弱い保護者や生徒をイジメるのはやめてください。
憲法学者の木村草太先生がシノドス(インターネット)で
PTA非会員に対する意見を述べられています。

「人間関係でなにか言われる、ということでしょうか。もしひどいケースであれば、侮辱という不法行為になると思います。もしくは「(入っていないと)不利益がありますよ」などと言われて、加入を強制されたのであれば、脅迫または恐喝にあたります。これで会費をとったら、もちろん返さなきゃいけませんし、場合によっては脅迫罪も成立します。
こういうのもそもそも、任意加入であれば、生じえない話なんですが……と。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
熊本市では市立帯山西小学校PTAが提訴されて、原告・控訴人が福岡高裁で勝ち取った
和解条項があります。      


      受命裁判官      福岡高等裁判所第5民事部  小 田 島   靖 人     


            第3 和解条項


   1 控訴人と被控訴人は、被控訴人が入退会自由な任意団体であることを相互に確認する。


   2 被控訴人は、将来にわたって、熊本市帯山西小学校に在籍する児童の保護

    者に対して、被控訴人が入退会自由な任意団体であることを十分に周知し、

    保護者がこれを知らぬまま被控訴人に入会させられたり、退会を不当に妨げ

    られたりすることがないように努める。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
今年の3月熊本市教育長のPTA加入・非加入世帯について公立小中学校に平等に対応する
通知
が提出されています。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

大垣市立青墓小学校のホームページに書いてあるいじめ防止基本方針の(3)を本当に学校は守もっているのでしょうか!

(3)学校としての構え

・学校は、児童の心身の安全・安心を最優先に、危機感をもって未然防止、早期発見・早期対応並びにいじめ問題への対処を行い、児童を守る。

・全ての教職員が一致協力した組織的な指導体制により対応する。

・「いじめは人間として絶対に許されない」という意識を、教育活動全体を通じて、児童一人一人に徹底する。

・「いじめをしない、させない、許さない学級・学校づくり」を進め、児童一人一人を大切にする教職員の意識や日常的な態度を醸成する。

・いじめが発生した場合は、早期に解決できるよう、保護者や地域の関係機関との連携に努め、必要に応じて専門家の協力を求め、解決に当たる。

・いじめが解消したと即断することなく、継続して十分な注意を払い、折に触れて必要な指導を行い、保護者と連携を図りながら見届ける。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1.伊吹の山の 霧晴れて

輝く空に果てしなき

希望のつばさ はばたけば

風に光に力満ち

栄光の峰 ここにかおり

輝く 青墓小学校

輝く 輝く 明治6年から141年以上も空に果てしなき輝く!

風に光に強制圧力!錆びるな!錆びるな!青墓小学校
読者のみなさま輝く青墓小が錆びないように励ましの電話またはお手紙をどんどんとよろしく
お願いします。

大垣市立青墓小学校でネット検索するとヒットします。


桑原校長先生もPTA会長様も生徒にルールを守ることを教えているのでしょうが。

校長も会長もお手本を示して大人のルールを守るのことが大切なのです。

そうです、かんたんなことなんです。

そんなにむずかしいことでしょう。あなたたちがまともならば


がんばれがんばれ青墓小!!! 


フレーフレー桑原校長!


自由を守ってすべての保護者とすべての子どもに優しくするのだPTA!

非加入自由な
PTA♥


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*

【PTAと学校問題を考える会】の会員5名と会長高橋健からのお願いです。

福岡高裁での裁判は和解と不満足な結果となりましたが、裁判に関しての諸経費などの
資金が不足しておりますので、引き続きブログ閲覧募金のお願い
をよろしくお願い致します。

2018年5月13日【PTAと学校問題を考える会】


★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
クリックよろしくお願い致します。

にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


にほんブログ村

★非公開でコメントの受付も出来ます。
★ただし、PTAの強制加入の反対に賛同をされない方のコメントは削除します。!!!



★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
【PTAと学校問題を考える会】からのお知らせ。

PTAと学校問題を考える会は個人情報の保護に関する法律の第76条 二 著述を業として行う者 著述の用に供する目的を行っている【個人情報取扱事業者】であることをお知らせします。
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*
【PTAと学校問題を考える会】の会員5名と会長高橋健からのお願いです。

福岡高裁での裁判は和解と不満足な結果となりましたが、裁判に関しての諸経費などと会の運営資金が
不足しておりますので、引き続きブログ閲覧募金をよろしくお願い致します。

PTAと学校問題を考える会では、
PTAや学校の諸問題解決のために実際の活動を行ってきました。

ブログ閲覧募金はそれらのための交通費、消耗品費、通信費その他の諸経費と
熊本PTA裁判費用不足分へ補填させて頂きます。

Facebook【PTAと学校問題を考えるFBの会】にはPTAや学校の問題で悩まれていらっしゃる方々の相談をできる限りの対応を無償で行つております。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。


▼募金寄付の口座のご連絡▼


★☆★ゆうちょ銀行普通預金口座
★★・・・ ━(名義)【PTAと学校問題を考える会】━・・・★★


▼ご自分のゆうちょ銀行口座から当会のゆうちょ銀行普通預金への送金場合▼ 
ゆうちょ銀行 記号:17170 番号:18209861


お振込手数料につきまして、
ご自分のゆうちょ銀行口座から当会のゆうちょ銀行へのATMでの送金の振込みの場合は
ひと月3回まで送金手数料は0円です。
***(注)平日17時までは振込手数料が0円です。他銀行からの送金振込手数料は下記に
記入しています。


★★━ 

▼ゆうちょ銀行以外から当会のゆうちょ銀行普通預金への振込みの場合▼ ━★★  

店名:七一八(ナナイチハチ) 店番:718 普通:1820986
振込手数料:他銀行からゆうちょ銀行(振込金額により変動します。)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【facebook】のアドレスはhttps://www.facebook.com/slowballade.p001.jp です。

facebookの【PTAと学校問題を考えるFBの会】非公開グループ会もよろしくお願い致します。
アドレスは以下です。
https://www.facebook.com/groups/815028965189430/(承認制)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

★募金して頂いた方で連絡先(メールアドレス)を教えて頂いた方にはブログへの告知(イニシャ
ルまたはニックネームのみ)とお礼の連絡をご本人様に直接致します。

★募金して頂いた方の実名を当ブログやフェイスブックで発表を行うことはフリコミ詐欺被害防止のために控えさせて頂きます。(当会の経理の健全を保つためにイニシャルまたはニックネー
ムと寄付された金額の公表は行わさせて頂きます!)

★当ブログへコメントを下さるかまたは
youkoso@pta-school-thinking.org
まで直接ご連絡をお願いします。

メールアドレスまたは電話番号,ご住所をご連絡下さい。
★匿名ご希望の方はその件をご連絡下さい。公表致しません★
★☆★情報は非公開に致します。★☆★



 
平成30年5月13日【PTAと学校問題を考える会】《個人情報取扱事業者・人格なき社団》


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
裁判の経緯(現在までのタイムテーブル)
2014/06/06 訴状受理
2014/07/16 簡易裁判所での1回目
2014/09/03 第2回口頭弁論[熊本簡裁:沢谷修造 裁判官]
       (第3回は2014/10/08 10:30〜の予定だった)
2014/09/17 移送決定(簡裁→地裁)
2014/09/25 被告による即時抗告
2014/10/30 抗告を棄却[熊本地裁所:中村心裁判官により地裁に移送が確定]
2014/12/03 地裁1回目期日が2015/01/15に決定
       [熊本地方裁判所:以降、西前ゆう子裁判官が担当]
2015/01/14 地裁1回目の期日を2015/01/27に変更(被告側も弁護士を依頼したため)
2015/01/27 通算3回目(熊本地裁での1回目)[熊本地方裁判所:西前ゆう子裁判官]
2015/03/03 通算4回目(熊本地裁での2回目)
2015/4/16 通算5回目(熊本地裁での3回目)
2015/5/28 通算6回目 (熊本地裁での4回目)
2015/7/02 通算7回目 (熊本地裁での5回目)
2015/8/20 通算8回目(熊本地裁での6回目)
2015/10/1 通算9回目(熊本地裁での7回目)
2015/11/12 通算10回目(熊本地裁での8回目)
2016/1/14 通算11回目(熊本地裁での9回目)
2016/2/25 通算12回目 (熊本地裁での10回目:判決,敗訴)
2016/5/31 通算13回目(福岡高等裁判所での第1回目弁論:平成28年(ネ)第301号事件)
2016/7/14 中止・延期 (福岡高等裁判所での第2回目裁判:和解交渉中止・延期)
2016/8/30 通算14回目(福岡高等裁判所での第2回目裁判:和解交渉)
2016/10/19 通算15回目 中止・延期 (福岡高等裁判所での第3回目裁判:和解交渉中止・延期)
2017/1/18 通算15回目(福岡高等裁判所での第3回目裁判:和解交渉)

最後のこの時にはじめの白石哲裁判長が新しく岸和田羊一裁判長に移動したことを告げられ
和解室にてお互い挨拶を行いました。



2017/2/10 和解成立(2月10日福岡高等裁判所第5民事部小田島靖人裁判官担
           「裁判所案」にて和解成立。

書記官の和解調書日付けは2月14日、弁護士事務所には2月15日到着。

これにて熊本PTA裁判は終了しました。

(素晴らしいPTAと修羅場らしいPTAのオープンBBSより転載させていただきました。ありがとう
ございます。)
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017/2/23 朝日新聞西部本社版朝刊(紙面)デジタル朝日全国版、
YAHOO JAPANトップに掲載される。

2017/2/24 西日本新聞朝刊、熊本日日新聞朝刊(紙面)掲載される。

2017/3/3 熊本市立帯山中学校の不正寄付金を市教育委員会に調査依頼。

2017/3/8 東京新聞朝刊【こちら特捜部】(紙面)掲載される。

2017/3/9 中日新聞朝刊【こちら特捜部】(紙面)掲載される。

2017/3月 3月20日号AERA掲載される。
2017/4/4 週刊朝日 2017年4月14日増大号【創刊95周年】に掲載される。

2017/4/24 朝日新聞東京本社版朝刊フォーラム(紙面)デジタル朝日全国版掲載される。

2017/5/15 佐賀新聞朝刊に掲載される。

2017/6/2 「教員養成セミナー2017年6月号」に掲載される。

2018/3/21 熊本市教育委員会は2017年6月にPTAには自由に入退会できることを保護者に
周知するよう,全校に伝えていると2018年3月21日付けの西日本新聞に記載された。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【PTAと学校問題を考える会】会則

(事業報告と決算)
第15条 
    1 当会の事業報告書、収支決算書,収支計算書,財産目録書等の決算に関する書類
    は、毎年事業終了後、2ケ月後頃までに、会長または副会長が作成し、
    会計監査人または監事の監査を受け、役員会の議決を経なければならない。

    2 決算にて剰余金が生じたときは、翌年度に繰り越す。

(残余財産の帰属)
第16条 この会が解散(合併の場合は除く)する場合に残存する財産は、児童養護施設,または社会福祉協議会または社会福祉事務所などにの中から役員会で決議された
団体または個人に譲渡する。

 (事業年度)
第23条 この会の事業年度は、初年度は平成26年11月15日から翌年の5月31日とする。
     翌年からの事業年度は 6月1日から5月31日までとする。

  特例:平成28年度分は裁判終了に付き3月31日を決算日とする。
次期事業年度は、4月1日から4月31日までその翌年からの事業年度は5月1日から4月30日
までと改正する。

(財産の管理)
 第24条 この会の会計処理および管理方法は役員会が定める。

                   
PTAと学校問題を考える会 平成30年5月14日会長 高橋健



PVアクセスランキング にほんブログ村















posted by o at 08:52 | Comment(15) | PTA問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする