2015年07月22日

【PTAをクラクわらいたくなる本】を書かれる予定のPTAジャーナリストさんの取材を受けてやったら「傘がなくても行かなくちゃ」。思い込み激しい方の取材を受けて後悔しています!!!

6月15日【PTAをクラクわらいたくなる本】サブタイトル【傘がなくても行かなくちゃ】を書かれる予定のPTAジャーナリストさんの取材を受けてシマッタ。(以下PAジャーナリストと略称)


5月13日にPAジャーナリストさんより6月2日または15日に取材を行いたいとの申し出がありました。

PAジャーナリストさんはPTA裁判を始めるまでまったく知りませんでした。
全然こんな方には興味がありませんでした。

PAジャーナリストさんはプロのフリーライターらしく、私が受けたような取材のことを記事にしてお金を稼ぐのですから、
この誘いに私の交通費を含めた取材料も支払われると期待していました。

私も忙しい中でも約束していたデートを断って「PAジャーナリストがかわいそうだと思い私の時間を犠牲にして」でも(無宗教者ですが)慈悲の心しかたなく引き受けました。


取材を受ける日は6月15日午後1時からになり、
場所は緑が美しい熊本城に隣接する観光施設(桜の馬場城彩苑)見晴らしがいい『茶房 櫻ン坂』で取材を受けたことになったのはPAジャーナリストの大早合点があったからです。


待ち合わせ場所は前日の電話で鶴屋百貨店前の福岡からの高速バスの乗降口(バス停)から鶴屋百貨店玄関から入ったのエントランンスのソファで待つと伝えたました。

駄菓子かし、当日は電話もせずに勝手に(桜の馬場城彩苑)に行きやがった!
 
「悪い人ではないけれど、どうやら思い込みの激しい人だな……」というのが、PAジャーナリストには失礼ながら、この日で最も印象に残った点でした。

取材の申込みの時の電話で、「福岡市での用事」のついでに 来られるとのことでしたので昼食のことを心配しました。

天ぷら屋さんやステーキ屋さんや和食屋さんはPAジャーナリストさんの出費とお忙しいなかでの時間もかかると思い、お金も時間も節約できる「ラーメン屋」さんを紹介しました。

「博多ラーメン」と「熊本ラーメン」は同じ豚骨スープでもだいぶん食べた時の味も麺の感触も違います。熊本ラーメンには替え玉はありません。はじめから少な目で替え玉を想定している博多ラーメンと違い麺たっぷりなのが熊本ラーメンです。

取材の打ち合わせをする場所を決める電話がかかって来た時はPAジャーナリストにはたいした話題がなく鶴屋百貨店の近くの東京の新宿にも支店があるラーメン屋「桂花」のそれくらいの話でもするしかなかったのです。

PAジャーナリストさんは「福岡市での用事」のことで頭が混乱されていてこちらの意図が伝わらなかったらしく、私は暑い中を走れメロスの気分で一生懸命に走って9分59秒ぐらいで待たれている桜の馬場城彩苑のベンチにゆっくり座られていたPAジャーナリストに会うことが出来ました。

鶴屋百貨店の中のエントランスのソファと馬場城彩苑のことを早とちりをされていたのでした。
私は休む時間もなく息切れをおさえて,大きく深呼吸してすぐに取材を受けました。

PAジャーナリストと私は『茶房 櫻ン坂』の椅子に座り2人とも一番安い飲み物を注文しました。

私はここでのその当日の「取材」が記事になるのか尋ねましたが、未定であることを話されました。

PAジャーナリストさんは、もし私の【PTA裁判のこと】を記事にする場合は、本番の記事が発表される前にそのための記事の原稿を見せて必ず私の承諾を取ってから本番の記事にすると固く約束した!!!

なんだか、悪い人ではないけれど罠に嵌められてしまったような印象でしたが・・・。

一応は【PTAをクラクわらいたくなる本】を書かれる予定のプロのライターの約束の言葉を私は【二人の固い約束】だと思い込み激しく信じました。

【その固い約束】があったから、その後の取材に応じたのです。


もし、【その固い約束】がなければ私はその場を立ち去ったでしょう!

『茶房 櫻ン坂』でPAジャーナリストに感じたことは「うまいこと都合のいい記事を書かれる能力がある」とは思えませんでしたし、
「そんなに親切な人だ」とも思えない印象でした。



取材で疲れた私は南阿蘇の地獄温泉で足をmomimomi《地獄の温泉も金次第》jigoku55860868_2261233370605198_2643656287421726720_n.jpg









---------------------------------------------------
取材の出帳のお疲れが取れずに残っていらっしゃるのか・・・て見えました。

【PTAをクラクわらいたくなる本】サブタイトル【傘がなくても行かなくちゃ】が、なかなか書けない!!!と嘆かれたときには何と話せばいいのか私は悩ましい思いでした。


PAジャーナリストさんの取材にかかる資金がたいへんなんだろうと心配でしたが気をつかって聞きませんでした。


緑が美しい熊本城に隣接する観光施設(桜の馬場城彩苑) 

桜の馬場 城彩苑.jpg










さて(PTA裁判)についての取材ですが、その経緯などを聞かれました。
PAジャーナリストはPTAから渡される【冊子】を受け取っただけで会員になるのは思いもよらないような意見を話されました。

しかし、そのほかの、どの話もたいしたことはなく【熊本違法PTA裁判】を争うにあたって参考にならない話ばかりでした。


熊本城全景

熊本城全景.jpg









本題の取材の話です。

PAジャーナリストからは、他の地域でのPTAのことなどを話して頂きました。
私に質問されたことをPAジャーナリストに答えました。

私は人に話すことで仕事を長年してきたので、PAジャーナリストの話し方はうまくないし取材の質問は準備不足だと私は
思い込み激しい気分でした。

実はこの日に私は聞きもしないのに話されたのですが、PAジャーナリストから申し込まれた被告との取材は被告の時間の都合で出来なかったそうです。

被告代表のPTA会長(熊大法学部刑法学教授)とは「ある筋を使ってコンタクトした」とおっしゃいましたが、【そんな筋】などあったのでしょうか?

ただ、熊大に電話しただけではないかと思いましたが、私の口からは 【嘘】でしょうなどとは言えませんでした。

約90分位の取材は長く感じましたがやっと終わった時は重たい気分が肩から抜けました。

熊本はその年6月はじめに梅雨入りしました。

【無印良品】で買った4,104円(税込)もする傘を『茶房 櫻ン坂』の傘立てに置かれていたのですが、その傘がPAジャーナリストの帰り際にわかったのですが盗まれっちゃっていたのです。
裁判の話どころではなくPAジャーナリストはとても悲しくショックうけちゃった!!!
その時その場のPAジャーナリストの素早い咄嗟の行動に私は目を疑っちゃった。

その後、PAジャーナリストから以下の連絡がありました。
----------------------------------------------------------
2015/08/22 22:19

「指摘するだけでお役に立てずスミマセン、ほんとにとてもわかりやすかったです。
傘はやっぱり知らない人のは、いまいち使う気がしないもんですね、
無印でまた買おうかなと考え中です、お気遣いありがとうございます」笑


----------------------------------------------------------
PAジャーナリストは期待していた最低の交通費(バス代往復480円)も支払ってくれず自腹で払いました。

タダで取材して、あとで記事を書いて収入を得るフリーライターは
『仕事をけっこうラクにたのしくする』仕事だと思いました。

私にとっては「出費と体力と時間の無駄」を考えると私の人生で最悪の日でした。

--------------------------------------------------------
PAジャーナリストの次の取材のために(桜の馬場城彩苑)から歩いて約7分の
福岡空港行きの高速バスの出発点バスセンターまで歩いて送ってそこでお別れました。
その時のPAジャーナリストの歩く姿に元気のなさを感じました。

フリーのジャーナリスト、編集者やライターなどのフリーランスを志望されておられる方は心身ともに強くなければやることが出来ないと仕事だと私は
思い込み激しく感じました。

PAジャーナリストを送ったあとで『茶房 櫻ン坂』に引き返し、
お店の女性スタッフに【無印良品】で買ったばかりで盗まれた4,104円(税込)の傘が
もし見つかったら連絡してくれるように私の名前と携帯番号をメモしてもらいまいたが、
いまだに連絡がありません。「あ〜アッ」

---------------------------------------------------

 PAジャーナリストさんへ、今後の取材はもう御免!

【違法PTAがなくなりますように今後もマスマスマホ 書き続けられて下さい。】 

   
平成27年 2015年7月22日 熊本PTA裁判原告 岡本英利  


10536773_457273734412740_1998413576_n[1].jpg
★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
にほんブログ村
クリックよろしくお願い致します。
☆LOVE & PEACE☆o(^-^o)(o^-^)o★★感謝します。



裁判の経緯(現在までのタイムテーブル)
2014/06/06 訴状受理
2014/07/16 簡易裁判所での1回目
2014/09/03 第2回口頭弁論[熊本簡裁:沢谷修造 裁判官](第3回は2014/10/08 10:30〜の予定だった)
2014/09/18 移送決定(簡裁→地裁)
      被告による即時抗告
2014/10/30 抗告を棄却(地裁に移送が確定)
2014/12/03 地裁1回目の期日が2015/01/15に決定される
2015/01/14 地裁1回目の期日を2015/01/27に変更(被告側も弁護士を依頼したため)
2015/01/27 通算3回目(熊本地裁での1回目)
2015/03/03 通算4回目(熊本地裁での2回目)
2015/4/16 通算5回目(熊本地裁での3回目)
2015/5/28 通算6回目 (熊本地裁での4回目)
2015/7/02 通算7回目 (熊本地裁での5回目)
2015/8/20 通算8回目(熊本地裁での6回目)予定
(素晴らしいPTAと修羅場らしいPTAのオープンBBSより転載させていただきました。ありがとうございました。)

posted by 熊本市立帯山西小学違法PTA裁判元原告 at 00:42 | Comment(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする