edit.png

2017年06月04日

PTA弁護士の新聞のコメントは大嘘です!!!裁判記録



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

熊本PTA裁判は本年2月10日に和解してすでに3ケ月目となりました。

今日このブログでお伝えしたいことは、2月23日の朝日新聞と24日の熊本日日新聞で報道された熊本PTA裁判の福岡高裁での和解のことで被告のPTAの弁護士が大嘘のコメントを発言したことの証拠の公表です。

朝日新聞には弁護士のコメントとして「自由に入退会でき、無理やり入れるようなものでないことはこれまでも理解している。新たなことが決まったということではない」
と話すと書かれています。

NEW850朝日和解IMG_7724.jpg

2017年2月23日 朝日新聞




熊本日日新聞には「入退会自由という点に初めから争いはない。和解で何かを譲歩したり、新たに決めたりしたわけではない」と話しているとの被告のPTAの弁護士弁護士コメントが書かれています。

630クマモン付き熊日和解IM- - コピー.jpg

2017年2月24日 熊本日日新聞



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
これらのコメントが事実ならば私は面倒な裁判など行っていません。
被告のPTAの弁護士弁護士は嘘つきがとてもうまい!と思いました。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
元原告の私がしっかりしていなく「全くイ〜カゲンな野郎で飄々としてるので」このような弁護士のコメントの発言があったのかもしれませんが、このブログで弁護士のコメントは嘘だとハッキリと否定させて頂きます。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

PTAの強制加入の問題の根源は自由や人権の問題と大いに関連していると思います。
個人情報保護法など知らんぷりして、入学時の忙しさのドサクサにに紛れて知らぬ間に同意書に署名させられている保護者がほとんどでしょう。

2015年2月24日に【PTAと学校問題を考える会】(以下考える会)のブログでエントリーした記事では、『わたしたちの小学校PTAの冊子8ページに』
強制的なPTAの加入方法が書かれていることを取りあげています。
2015年2月14日の考える会のブログでは、退任して1年後に復帰した
岡田行雄PTA会長の間で1年間PTA会長を務めた阿久根裕子会長からも「帯山西小学校PTAでは退会することは出来ない」
との電話が3回あり、
最後に来た手紙ではPTA会費の納入がない場合は、P災・安互への
加入申し込みはいたしませんと書かれています。
その手紙は保管しています。
阿久根裕子PTA会長からは「PTAが任意団体である」ことは他の保護者には絶対に言わないように口止めされました。

白1100阿久根PTA会長IMG.jpg
◆個人情報ははぶかせて頂きました。







阿久根裕子PTA会長のこの手紙を見て以前から支払い拒否をしていたPTA会費はまったく支払っていません。一部のブログやニュースで書かれている月額150円だけ支払ったとのことは、その支払うとの書面は書きましたが実際の支払いはまったくしていおりません。ここのところを間違えないでください!
2人のPTA会費催促の手紙を読まれたらおわかりだと思います。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
被告の信じられない証拠があります。
防犯パトロールの腕章です。写真を撮影した期日は撮影日平成27年9月11日となっています。
裁判所の訴訟受理が2014年平成25年6月6日ですので、
その腕章の当時の存在は疑わしいと思います。

私は現在も風向きによっては学校から時々校内音楽が聞こえる近くの距離に住んでいます。

防犯パトロールは今でも続けられています。
当時から今までその腕章をつけてパトロールをしている人を見たことがありません!

裁判の本人尋問の時に腕章の実物もその納品書なども提出はなかったのです。
写真だけの信憑性に欠ける証拠?だったのです。

この信憑性に欠ける証拠?はPTAの入退会の自由と関係ないのですが、
裁判官の心証を動かすことのひとつの理由となったのかもしれません。
であれば西前ゆう子裁判官のこの信憑性に欠ける証拠?に対する考察もたいしたものではなかったと考えられます。

残念なことは当方弁護士が本筋ではないと考えて
この写真の信憑性に欠ける証拠?について反論しなかったことは悔やまれます。

PTA活動をしたとの理由で熊本地裁では敗訴しましたが、
私が防犯パトロールを行った証拠はないのです。
正しい正義が勝つのではない!「民事裁判は嘘でも勝てる」との通りの裁判の例になったようです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
実際「退会は出来ない」と岡田行雄PTA会長が書いた手紙も保管していす。
裁判では「甲15」証拠として提出しました。
このリアルな証拠を西前ゆう子裁判官はどうかわしたのか聞いて見たいのですが!「質問にだけ答えて」との原告に質問させない民事裁判の行い方も変えてもらいたいと思いました。
たくさん発言できる国会の証人喚問とは大きな違いがあるのです。
以下


形白長方1100岡田育雄PTA会長が退会を認めなかった書面黒IMG_0001.jpg
◆個人情報ははぶかせて頂きました。





この書面に書いてあるPTA会費減免制度は詰めの作業も終わり、来年度から制度を始められるように準備を重ねているのです。と記載されていますが、実際に翌年に次の阿久根裕子PTA会長になってからも実施されませんでした。
1年後岡田行雄氏がPTA会長に返り咲きしたときに「PTA会費減免制度は詰めの作業も終わり」と書いておきながら何故実施されなかったのか尋ねました。
そしたらその答えは「役員会で役員の1人の反対があった」との回答がありました。
では、詰めの作業とはなにを詰めていたのかわかりません。
役員会の議事録の開示を求めたら、議事録はないとのお答え。
最近話題の
森友学園問題での財務省文書破棄みたいな回答、これは証拠隠滅では?
ずる賢い方々がよく使う手口で今更驚きませんが、騙されたことはわかります!!!

当時の帯山西小PTA会則第六章 役員の任務
 第9条 役員の任務は、次のとおりとする。
 
 3.書記は、総会、役員会等の主要行事を収録し、連絡事務にあたる。
 
会員には違法な加入をさせて、個人の自由な退会をさせずに、PTA幹部は第9条の任務規則を破り怠けていたという手前勝手なよくありそうな話ですね。
PTAの会則を破っている人がよくもPTAからの退会を出来なくして縛り付けたものだ!

議事録がないことには当時の西川教頭先生も「おかしい」と驚かれていました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上告した福岡高裁の2016年平成28年5月31日に行われた第1回目の裁判の時に高裁の裁判官から「PTA会長はずいぶん理解できないことを行っていますね」との発言がありました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

このPTA会長の本当のお仕事はたった1時間前にド忘れ!しましたが思い出したら岡本が勉強して
「PTAと刑法論」の論文を書いたらどこかで取り上げてもらおうとかと・・・。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
あいだを挟みましたが、
以上が朝日新聞も熊日新聞にもPTA側の代理人弁護士の言っていることコメントは大嘘ですの証拠です。
ついでにPTA会長は違法な行為を行った証拠も書いてしまいました。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


*誤解のないように!!! 新聞社や新聞記者の方を非難していることはまったくありません。

PTAが任意団体であり、強制加入は禁止されていることを訴えた裁判のことを報道して頂いたことには深く感謝しております。

この記事からはじまって多くの新聞や雑誌で情報が日本全国に拡散されたことをたいへんありがたく思っております。

新聞記者の方は気を悪くされないでくださいね。これからもご支援よろしくお願い致します。
今度お会いするときは缶ジュース5本ぐらいはごちそうしますからご勘弁してくださいね。


信頼できる情報では朝日新聞のコメントは裁判を担当した弁護士のものではない可能性があります。熊本日日新聞は被控訴人訴訟代理人村田晃一弁護士のコメントらしいということが分かりました。
2つの新聞のコメントの違いはこれでわかりました。


書いているうちに思いました。なんでこれで熊本地裁で負けたのだろうかと???

新聞のPTA弁護士のコメントは強制加入に反対する人たちは、さぞかしがっかりされたことでしょう、そう思われませんか!!!

大嘘つきPTA弁護士のコメントのニュースはこれで終わりです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
なかなか終われなくてすみません。またまた出ました新聞紹介します。

佐賀新聞2017.5.15IMG_8012.jpg

2017年5月15日佐賀新聞朝刊【PTA強制加入なの? 入退会巡り規定論議】








PTAの弁護士が新聞でどんなコメントを行おうが、【事実上のPTA敗訴】なのです!       

 
2017年平成29年6月3日 元熊本違法PTA裁判原告岡本英利  




posted by o at 00:40 | Comment(2) | PTA強制加入裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりです。共謀罪の早朝可決を受けて、怖い世の中になったと思います。PTA側のコメントは、大嘘なんですね。このところの国会を見ていても、嘘でもひたすら言い続けることで、なんとか逃げ切るという策略が定着しています。嘘はいけないこと、そんなふうにこどもに教えるなんて、いまや馬鹿げたことなんでしょうか。大人が保身のために、誰が見てもわかるような嘘を言い続け、メディアも都合よく拡散して・・・。「なんで裁判負けたんだろう」。全うな疑問です。私も見返せばやはり残念です。警察も裁判所もいまや信じられません。権力のもと、自在に犯罪のもみ消しまでできるのですから。こんな世間だと、身の保証がなく、真実を口にすることが難しくなります。日頃、戦っていこう、声をあげていこう、と思いつつも、なんとも無力感とやるせなさでいっぱいの気持ちです。
Posted by tombi at 2017年06月15日 10:46
tombiさま

コメントたいへん嬉しゅうございます。

tombiさまがおっしゃることはまったく同感、同じ思いです。

まだブログでは未公開ですがPTA裁判の本人尋問の時に、平成21年11月1日に行われた友愛セールに参加したことになっていました。参加の〇印があったのです。
しかし私が経営していた商店の売り上げ張にが私の文字で同年同月同日同時刻に私が売り上げた品目と金額の記帳をしている売り上げ張があり、それを証拠として提出しました。この証拠を見せると被告弁護士は別の質問に早々と移りました。「裁判官の発言」はありませんでした。
この嘘の証拠に対して裁判官は何らかの「発言」をすべきだと思うのですが!

*たまにPTAの事業(当時は学校事業だと思っていました)に参加するように電話がありました。
1人親で事業を行っておりそんなことに参加するならば売り上げが激減して、社員に給与が支払えなくなります。
「それでもPの係には口うるさい人は参加しないことはずるいと言う人もいるし、そうですかそれでは参加は難しいですね。私が適当に処理しときます」と親切に言って頂いた方もいます。多分そのような方が参加の〇印をつけてくれたのでしょう。

本人調書の前には『宣誓』を行わなければなりません。

良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います。

氏名 岡本英利  と以上のように。

子どもが6年生の卒業前になぜか、またしてもPTAの集金袋を子どもが渡されたので、PTAに抗議に行きました。

すでに退会しているのに何故何度も請求するのか?! 

すると係は「支払いがなければ卒業式の時にコサージュと紅白饅頭は差し上げられませんが、子どもさんがかわいそうだとは思われませんか?」と言われてではコサージュ代だけを支払いますがいくらですかと聞けば、今すぐにはわからないと言われたのでPTA年額会費4,550円のうちコサージュ代として十分だと思われる1750円の支払いだけを行ってそれ以上は支払っておりません。PTA会費は支払っておりません。

被告弁護士より集金袋を提示されこれには何と書いてありますかとの質問がありました。
私はこれは、「コサージュ代を払うためにつかったもので会費を」と言おうとすると
「聞かれていることだけ答えてください」と言われました。

国会尋問のような自由な発言が出来ない民事裁判の発言規制には問題があるとおもいました。

宣誓して真実を語ると約束しているのに、その真実の発言が被告不利なものになると、「聞かれていることだけ答えてください」と言われるのです。

今思っています。宣誓したのですから、すべて話さなければ私は罪になると思っていましたが、今調べたら罪にはならないようです。「覚えていない、忘れました」と言えばと悔やまれます。

黙秘をすべきところは黙秘をすればよかった「何故弁護士は教えてくれなかったのか?」

被告弁護士は宣誓のことをどう思っているのでしょうか。

西前ゆう子裁判官は「あなたはPTAに入らない選択をされたわけですから、そのPTA会員が受けられる恩恵をお子さんが受けられないのは、当然ではないですか。
それ、仕方ないんじゃないですか。」と裁判官はこの発言で「あなたはPTAに入らない選択をされたわけですから」と言っているにも関わらずに会員だと判決で認定しているのは、裁判官は「良心に従って、真実を述べ、何事も隠さず、偽りを述べないことを誓います。」とのことを守っていません!おかしな裁判官でした。
http://blog.pta-school-thinking.org/article/427719489.html

訴訟して裁判を決心する前に1度当時の岡田育雄PTA会長(熊本大学法学部教授)と話し合いの場で、PTAの諸雑務活動(防犯パトロールや、バザー活動、旗振り、友愛セールなどの押し付けは私は行っていることはひとつもないし、PTA会長の目が行き届かないところで勝手に役員が行っているその強制は辞めてもらうように努力する。と約束したことを自らのボイスレコーダーに録音したのですが、それは当然証拠で使われませんでした。

判決 本人尋問での裁判官の判断の「あなたはPTAに入らない選択をされたわけですから、そのPTA会員が受けられる恩恵をお子さんが受けられないのは、当然ではないですか。」との自らの発言を180度回転させている判決になっています。***回転寿し屋のファンに違いありません。

さておき判決(わさび抜き)http://blog.pta-school-thinking.org/article/434577930.html


以上のように
嘘つきが支配する国になりつつあるので、まだまだ戦います。
これからもご支援よろしくお願い致します。

            熊本PTA裁判元原告・控訴人 岡本英利




余談です。シーザーブログのコメント欄に文句を言いたい!
会社の人も読んでください。
コメント欄が小さく文字が見えにくいので、私は1度テラパットにコピーしてから読んでいます。
シーザーブログの改良をお願いします。

Posted by 岡本英利 at 2017年06月18日 02:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。