edit.png

2015年02月14日

転入してからPTAに強制入会させられたことを何故気ずいたか。

転入してから強制入会させられたことを何故気ずいたか。
2010年(H22)頃秋位からPTA活動に疑問を持ち,
インターネットで調べているうちに
猫紫紺様の【草履で歩きながら考える (旧:幼稚園弁当)】というサイトに出会い
そこに「PTA 実は入退会自由」:今日付の朝日新聞に載りました。との記事
があり,また素晴らしいPTAと修羅場らしいPTAのサイトを紹介して頂いた記憶があります。
素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA(THINK-PTA)のサイトに目を通して「強制加入」
されられた思いがますます強くなり,またしばらくして【まるおの雑記帳】を読み,
子どもが通う小学校のPTAの冊子を読むと会則には入退会の規約はなく,冊子の8頁に
この冊子を受け取ったら会員となることを承諾する、退会は卒業,転出以外は認めないと
記載されていたのを始めて知ったのでした。それが2010年(H22)冬頃でした。
この冊子の1部はいずれ投稿しようと思っております。

原告 岡本英利
posted by 熊本市立帯山西小学違法PTA裁判元原告 at 06:41 | Comment(0) | PTA問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。