edit.png

2015年02月02日

【役員紹介】

【役員紹介】2015年1月25日新発足発表

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
いつも「PTAと学校問題を考える会」をご支援いただきありがとうございます。

 当会はいわゆる「熊本PTA裁判」の原告岡本氏を支援するために、有志によって立ち上げた会です。結成時のメンバーには原告本人も参加しておりました。今回、支援いただいております識者諸兄から「支援を受ける人間がその会に所属しているのは社会通念上いかがなものか?」というご意見をいただきましたことをうけ、原告を含む会員全員の合意のもと、原告本人は当会の会員を2015年1月25日をもち辞すこととなりました。もちろん協力や信頼関係は何ら変わりなく、今までのようにしっかりとした連絡と連帯をとりながら今後の活動を行っていく所存です。
主な活動は裁判に関わる広報活動と費用の募金活動です。

簡易裁判所からはじまりましたこの裁判は、すでに地方裁判所への移管が決定し、長期にわたって継続される可能性が高くなりました。  
これまでの皆様のご支援に感謝するとともに、今後とも裁判継続のためのご助力を、どうぞよろしくお願いいたします。

追記)当会からの依頼により「原告のコラム」による情報発信は継続して行っていくこととなりましたことをご報告いたします。

2015年1月25日

「PTAと学校問題を考える会」    会長高橋 健

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「九州在住の岩元美紀です。三人の子どもがいます。
PTA非会員です。そのため、子どもが学校から差別的な扱いを受けることがあり、PTA問題の根深さを感じているところです。
微力ながら、岡本さんの裁判の支援をしたいと思います。よろしくお願いします。」

                          
副会長  岩元美紀


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

関西在住の上野敏子です
以前からPTAの強制加入の問題に疑問を持っていた3人の子どもたちの母です

PTA裁判の原告,岡本さんとはFacebookから知り合いグループにも参加しその後いろいろなお話のやりとりの後に「PTAと学校問題を考える会」の役員を引き受けさせて頂きました

また長男が広氾性発達障害
次男は重度知的のダウン症
ということもあり学校等での障害児教育についても強い関心かあります

日々の活動の中でPTA問題の情報拡散、保護者への説明、熊本PTA裁判募金寄付等もFacebookや周りの友人知人に協力依頼をお願いしています

まだまだ勉強不足ですがよろしくお願いします。

                           会員 Toshiko Ueno

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2015年9月1日加入

九州出身です。
現在PTA問題で子どもが在校しているPTAと学校と、PTAの問題を1人で交渉しています。
その理由で所在地は言えません。
同意と協力したいので【PTAと学校問題を考える会】に加入しました。
岡本さんの判決でいい結果がであれば、私の交渉もやりやすくなると思います。

                                会員 K.K

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
2016年11月1日加入
新しく会員になりました、みなさまよろしくお願いします。
事情により仕事と名前は秘密です。
以前よりPTAの加入方法について疑問を持っていました。
ニックネームは木枯らし紋次郎と申します。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


会員加入のお知らせ! 元原告・控訴人岡本英利です。

独裁的な運営を行っていた別の支援の会から解放されて気が楽になったのは良かったのですが1人で困っていたところ【PTAと学校問題を考える会】に救われました。

熊本PTA裁判の支援者により【PTAと学校問題を考える会】の設立をして頂いたことに対して,
会のみなさまにたいへん感謝しております。

それに今まで岡本英利のfacebookまたfacebookの非公会グループ【PTAと学校問題を考えるFBの会】の会員のみなさまの励ましにもお礼を申し上げます。
PTAは任意団体で不参加の自由があることを非会員ではありますが原告の岡本は【PTAと学校問題を考える会】の方にお世話になり,世間に広く訴え続けて行くつもりであります。
また,多くの学校で行われているPTAの強制加入,会費の強制徴収も問題があると
主張さている学者先生も多くいらっしゃいます。
PTA発足時の1954年に文部省(当時)が策定した父母と先生の会」第2次参考規約には「会員になることも、とどまることも自覚に基づく個人個人の自由であっていささかも強制があってはならない」と「自由入会」の精神がうたわれています。

会員加入のお知らせ!
熊本違法PTA裁判が終了後しばらくして会長高橋さんに入会を勧められて、会員にも賛同を得ましたので
このたび2017年平成29年6月1日に【PTAと学校問題を考える会】に入会させて頂きました。                           
                           
会員 元原告・控訴人 岡本英利


☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*
役員の個人情報につきましては
プライバシー保護のためお答えすることができませんことをご了承ください。

「PTAと学校問題を考える会」会長 高橋 健
☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*
                       
posted by o at 01:29 | Comment(0) | PTA問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。